【実録】エポスカード付帯の海外旅行傷害保険は本当に効くのか?タイで怪我したので保険金申請してみた

どもー。前回記事で書いたように、風呂場ですっ転んで、後頭部を3針縫う怪我をしてしまいました。。

タイ現地で、民間の保険のAIAに加入しているので、そっちの保険を使おうと考えたんですが、日本で発行したエポスカードに「海外旅行保険」が付帯していて、使ってみることにしました。

エポスの海外旅行保険は怪我の場合、200万円まで保証してくれる

エポスカードは年会費無料で作れるクレジットカード(しかも審査緩め)なんだけど、海外滞在中の怪我、死亡、障害への保障がついてます。怪我は200万円まで。妻が盲腸になってタイの病院に入院した時トータルで50万円くらいの治療費だったので、たいていの怪我はなんとかなるんじゃないでしょうか。

怪我以外の保証額は以下の通り。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

死亡・障害の保険金は十分とは言えないけど、怪我で200万、自分以外の誰か、何かを傷つけてしまった場合の賠償金が2000万円まで、というのは非常に手厚いと思います。

しかも免責なし。免責というのは、保険金を支払う保険会社が、「○○万円までの損害金は支払いませんよ〜」という意味で、例えば100万円の賠償金を請求されて、保険会社の免責が5万円までの場合、5万円までは保険会社はお金を支払う義務がなく、残りの95万円を保障してくれる、という意味です。逆に賠償金が4万円だったら全額自腹ということになります。

エポスは免責なしなので、たとえ3万円でも5万円でも100万円でも、1事故あたり2000万円までの賠償金なら全額保障してくれるということになります。すごい、、(今回私が使ったのは傷害保険なので、賠償責任費用について詳しく知りたい方はエポスの公式サポートにお問い合わせください)

海外で怪我した時の海外旅行保険の申請手順

僕が実際に保険金請求した申請の手順をまとめておきます。もしこれをお読みの方で、今まさに怪我をして病院にいる、という方は、

  1. 医師の診断書
  2. 病院が発行した領収書

の二点を忘れずにとっておいてください。

まず、海外旅行保険問い合わせ窓口へ電話

まず、海外各国でエポスの海外旅行保険問い合わせ窓口があるので、僕はタイ(001-800-814-5147)のエポスの窓口へ電話で問い合わせしました。

下記に各国の番号を貼っておくので参考にしてください。

滞在地 電話番号
北米・中南米 ハワイ・グァム サイパン
アメリカ本土・アラスカ・ハワイ・グァム・サイパン
アルゼンチン
ウルグアイ
カナダ
コロンビア
ブラジル
メキシコ
アジア
中国(北部)※1
中国(南部)※2
香港
台湾
韓国
シンガポール
インド
インドネシア
タイ
フィリピン
マレーシア
スリランカ
オセアニア
オーストラリア
ニュージーランド
ヨーロッパ・アフリカ・中近東・ロシア
アイスランド
アイルランド
アラブ首長国連邦
イギリス
イスラエル
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
スイス
スウェーデン
スペイン
チェコ
デンマーク
ドイツ
ノルウェー
ハンガリー
フランス
ベルギー
ポーランド
ポルトガル
南アフリカ
モナコ
ルクセンブルク
ロシア
その他
上記以外の地域または無料電話がご利用いただけない場合

電話の途中でメールアドレスを聞かれ、そのメアドに必要書類のリストを送ってもらえます。

申請書類の準備

次に書類の準備です。エポスのサポートからメールで必要書類のリストと、申請用紙が送られてきます。

傷害保険金の請求で主に必要な書類は、

  1. 保険請求書(エポスからメールで送られてくるPDFの中に含まれる申請用紙)
  2. 同意書(エポスからメールで送られてくるPDFの中に含まれる申請用紙)
  3. 日本からの出国日が確認できる書類(例えばパスポートの出国スタンプ等)
  4. 治療費・領収書の原本(現地の病院で必ずもらっておきましょう)
  5. 医師の診断書(請求額が10万円以下の場合は不要。10万円以上の医療費がかかる場合はもらっておきましょう)
  6. 交通費の領収書の原本(もしタクシーで領収書が出ない場合でも、メモで領収書が出ない事情と走行距離、回数、を記入して送ればOK)

請求を他者に委任したり、死亡保険金を請求する場合、別途追加の書類が必要ですが、それもエポスから送られてくるPDF内に記載があります。

私は上記リストの1〜5の書類を用意して、現地のサポート会社に郵送しました。(タイの場合はアソークのオフィスビル、インターチェンジ21の”Prestige International “という会社宛て)

エポスカード付帯、海外旅行保険の保険金申請必要書類リスト①

エポスカード付帯、海外旅行保険の保険金申請必要書類リスト②

保険金の受け取りは外貨でも可

保険金は外貨でも受け取り可能です。ただし外貨の場合は現地の銀行口座が必要になります。

僕はタイに口座があったので、その口座でバーツで受け取りました。日本円で日本の口座へ振り込んでもらうこともできたのですが、為替レートとか両替の手数料で目減りしそうだな、、と思ったので。

病院までの交通費は請求されなかった

僕は今回の怪我で、生まれて初めてタイで救急車に乗るはめになりました。

大慌てで妻が呼んでくれて、無事病院に到着することができたのですが…

退院後にレシートを見てみると、救急車代が入ってないようでした、、タイってそういう感じなのかな?謎です。

日本の出国スタンプが押されたページのスキャン画像が必要

必要書類の中に、日本を出国したことを証明するために、パスポートに押された出国スタンプのページのスキャンがあります。

しかし、最近の日本の空港はゲートが自動化していて、それを通過すると出国スタンプが押されません。ですので、海外旅行保険に入ったのちに海外旅行に行く場合、出国スタンプを窓口で必ずもらうようにしましょう。自動ゲートで出国した場合でも、別途出国スタンプをもらうことはできます。

出国スタンプをもらうのを忘れた場合

もしうっかり出国スタンプをもらい忘れた場合でも、航空券の半券やフライトスケジュールが書かれた電子領収書でも OKです。

サミ太郎はスタンプを押してもらってなかったし、チケットは捨ててしまってたし、最後の手段でLCCのホームページに行って、電子領収書のスキャンを撮って送ってOK出ました。

そして保険金がちゃんと振り込まれた

そして待つこと4日ほど。指定しておいたタイ国内の銀行に保険金を振り込んだと、三井住友海上火災保険からメールが来ました。

確認すると、医療費が全額振り込まれていました。

めでたし!

というわけでエポス凄い

というわけで、怪我をしてから保険金が振り込まれるまでの話をお伝えしました。

エポスカードをマルイの店頭で作ってから5日後に怪我して、現地から電話問い合わせ、書類作成&審査、トータル一週間くらいで保険金が口座に着金という、ちゃんと、しかも迅速に対応してくれるのでいいなと思いました。

みなさんも海外旅行の際は海外旅行保険についてご検討を!慣れない海外では思いがけない怪我をすることがありますので!

ふっくらボリサットのブログのSNSシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です