パーソナルトレーニングの食事制限はキツい?現役ジム生の体験談

パーソナルジムでシックスパックを目指すサミ太郎

シックスパックになるべく、パーソナルジムに通っているアラサー男子、サミ太郎です。

ボディークというパーソナルジムに通い始めて一ヶ月が経ちました。

このジムではボディメイクのための食事指導もLINEでサポートしていて、理想のカラダに近づくような食事メニューに矯正してくれます。

他のジムでも食事指導つきのプランが多いです。

人の身体は、口に入れたもので100%構成される」ので、

食べる物の質を変えれば体型や体質も変わるというロジックです。

ボディークに通い続けて1年でダイエットに成功した妻

というわけで今回は「パーソナルジムの食事制限は辛いのか?」ということと、

「引き締まった体型になるにはどういう食事を心がければいいのか?」ということをお伝えできればと思います!

今回の記事も、ボディーク所属のプロのトレーナーさんに監修してもらっているので、より正確な情報をお伝えできるかと思います。

パーソナルジムの食事制限は辛いのか?

結論から言うと、ジムの食事制限は「辛くはない」です。プロボクサーのガチの減量ではないので、太りそうだけど食べたいものがあったら、極限まで我慢しないで、割り切って食べちゃって、翌朝少しトレーニングして帳尻を合わす、という感じでOK!

とはいえ、毎週ラーメンとか栄養バランスを無視して暴飲暴食していると体型は絶対に変わらないので、トレーナーさんからどういうものを食べればいいか的確な食事指導してもらいます。

サミ太郎の食事指導LINEを公開!

なんだか恥ずかしいのですが、サミ太郎の食事指導LINEを公開しちゃいます!以下のような感じ。

パーソナルジムの食事指導
バンコクのパーソナルジム、ボディークの食事指導

どうでしょうか?結構細かく食事内容を見て、どこをどう改善したらいいか教えてくれる仕組みになってます。

僕は自分が食べたメニューにマジレスいただくのがすごく新鮮。面白い。

タンパク質多めの食事を心がける

タンパク質は「筋肉へのエサ」です。タンパク質中心の食事に切り替えることによって、
筋肉量を増やし、代謝を上げ、脂肪が燃えやすい身体に変えていきます。

タンパク質を多く含む食事メニュー

  • 豚肉、牛肉、鶏肉、魚など(脂身の少ないものがベスト)
  • 卵(特に卵白の部分が高タンパク。黄身は脂質が多いので注意)
  • 大豆
  • 乳製品
  • プロテイン(これが鍵。下の章で詳しく書きます)

プロテインで効率的にタンパク質を摂る

サミ太郎は普段からたくさん食べるタイプじゃないので、食事指導が始まってから見えてきた課題は「タンパク質が少ない」のと、「脂質が多くなりがち」という2点でした。

タンパク質を摂るためには肉や魚、卵を意識的に多く摂ることですが、外食が多い僕は肉(タンパク質)の量が少なくなってしまう…。

これを解決してくれるのが、「プロテイン」です。牛乳や大豆に含まれるタンパク質を利用して作られたタンパク質のパウダーで、”アスリートの米”とも呼ばれるカラダ作りに必須のアイテム。

で、サミ太郎と妻のふっくらボリサットが普段飲んでいるプロテインは、「WHEY(ホエイ)」のバニラシェイク味です。

下記がWHEYのGold Standard。原材料は牛乳らしい。チョコ味もあるんだけど、味が薄くて美味しくないのでバニラシェイク味がおすすめ。

1日に必要なタンパク質の量の目安

ボディメイクのために、体重1kgあたり2gのタンパク質が必要と言われています。

つまり体重70kgの方は、140gのタンパク質が望ましいです。タンパク質140gと言うと、
卵20個分、もしくは牛乳4リットル分なので、食事で全部摂取すると逆にお腹が壊れます笑

そこで役立つのがプロテインで、1スクープ溶かして飲むだけで卵約3個分のタンパク質を摂取でき、朝昼晩で1杯ずつ飲めば計100gのタンパク質を取り入れられます。

残りの40gは普通の食事で肉とかから摂取すれば完璧。

プロテイン半端ない、、

脂質に気をつける

外食は脂質が多いものが多いです。脂質と聞いて僕は最初、脂身の多い肉とかバターとか揚げ物を思い浮かべたんですが、それ以外でも、例えば炒めものの油とかでも摂れてしまうので、脂身の少ない肉(赤身の牛肉とか鶏のササミとか)を意識的に選べたらベターです。

以外だったのが、力口リ一メイ卜。あれは脂質の塊です。一箱食べたら、1日分の脂質が摂れてしまうらしい、、恐ろしい。

シックスパックになりたい人が気をつけるべきは脂質

サミ太郎はシックスパックを目指してトレーニングしてるんですが、食事の中で気をつけるべきは「脂質」だということがわかりました。

脂肪というベールの下に誰しもシックスパックを持っている

ジムのトレーナーさんいわく、人間は誰しもシックスパックを持っています。

人体の構造上、お腹にはアキレス腱に似た筋が縦と横に入っていて、それがシックスパックを形作るそうです。

だけど、大抵の人は脂肪が腹の上に乗っかっているので、せっかく6個に割れているかっこいい腹が出てこない、ということ。

つまり、「脂肪を落とせば元々もっているシックスパックが顔を出す」。

そのためには脂質を抑えた食事が大事、ということです。

また、代謝が上がれば脂肪がつきにくくなるので、やはり筋トレも大事。

少食の人は間食でタンパク質を摂れたらOK

食事を多く食べること自体、代謝を上げる効果(食事誘発性熱産生)があるので、少食の人は間食を入れることによって代謝を効率的に上げることができます。

この代謝はバカにできなくて、1日の中の代謝の1割を占めています。

実は、同じ量を食べるにしても、2食に分けた時と3食に分けた時では、3食の方が、代謝量が増えてお得とのこと!

パーソナルトレーニングの食事制限まとめ

パーソナルジムは、私達がなりたい身体に合わせて食事指導をしてくれることが多いです。なので、ジムに通う前に「どういう身体になりたいのか?」をしっかりイメージしてからジム通いを始めるといいと思います。

ふっくらボリサットのブログのSNSシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です