ふっくらタイ移住最終章の裏話!

タイ在住の漫画家ふっくらボリサットです。サイゾーウーマンさんで連載していたふっくら大好中の最終話が公開されました。今まで連載を読んでくれた読者の皆様本当にありがとうございます。(漫画家としての活動はバリバリ続けてるので、cakesとHEART CLOSETでも漫画連載継続中です。これからもどうぞ宜しくね)

まずは最終章の裏話から!

ふっくら家とサミ家の両家顔合わせに選んだ料亭についてご紹介します!

ふっくらの実家は千葉、サミ家は静岡ということで、間をとって八王子は高尾の料亭「うかい竹亭」を選びました!(若干、千葉寄り?)

八王子は私とサミ太郎の母校の大学もある場所なので、ちょうど良かったのだ!

両家顔合わせの場所選びの基準

両家顔合わせって、結婚前の重要ステップですよね〜。互いの親同士の第一印象が決まりますしね。

だから、「顔合わせで重宝されてる店にしよう」と決めました。お店のスタッフさんはきっと場の空気とか読むの上手だろうし、何かとサポートしてもらえそうだったので!

あとはネットのレビューの数で決めました。

 

両家顔合わせ、実際どうだったか

結婚するってことを伝えるだけじゃなくて、「2人でタイに住む」わけなので、それなりに親は心配してたんだと思いますが、、そういう話題はあんまり出なくて、世間話と料理の話題で盛り上がりました。

サミ太郎父が「竹って植物はとても強くて、放っておいてもぐんぐん育って高いところに葉をつけて地面を覆うから、竹より背の低い植物が育ちにくくて、一帯が竹だらけになります。それが竹藪です」って話してたのがなぜか印象に残ってます。

料理最高に美味しかったけど、サミ太郎は緊張してて味が分からなかったらしい。不憫よのう。

Processed with VSCO with c1 preset

羽田空港からタイへ旅立つ時の裏話

ふっくら家とサミ家の両家ご挨拶が終わり、いよいよタイ出発の日。ふっくら家は家が近いからわざわざ羽田まで来てくれてお見送りしてくれました。

漫画にある通り、機内預け荷物の重量がオーバーして超過料金8万円を請求されたり、すったもんだあったんだけど、一番ヤバかったのは手荷物検査の時。

赤外線検査に通したふっくらの鞄を、空港スタッフさんが「開けてください」って言うんですね。

私、「面倒だな〜シャンプーとか液体系を入れちゃってたのかな?てへへ」って思ってジッパーをジッーっと開けたら包丁が出てきたんですよ。

包丁。

サミ太郎がお婆ちゃんから貰って愛用してた、やたら切れる包丁。

ふっくら父母がゲートの外から様子を見てたらしいんですが、空港スタッフが私の鞄から包丁を取り出した瞬間、周囲の空気が変わって臨戦態勢になったのが分かったそうです。

ふっくらは包丁を握ったまま「サミ太郎の包丁がなぜここに!?」と軽くパニックに。

冷静に考えると、前夜の引越しのドサクサで、鞄の中にインしちゃったっぽい…!

ということを、鉄の表情になった空港スタッフに説明し、サミ包丁は空港側で処分されて無事ゲートをくぐりました。

悪いことしなさそうな人相に生まれてきててよかった…

皆さんもフライトの際は鞄の中に包丁が入ってないか今一度ご確認ください。

ふっくらタイ移住を最後まで読んでくれた読者の皆様

今までふっくらタイ移住を読んでくれた皆様、ありがとうございました!

連載中、皆さんから「面白い」「ほっこりした」「続きが気になる」「頑張れー!」などの声をSNSでいただいたりして、それが大きなモチベーションになって、最後まで走り切ることができました。特に、公開された連載漫画をシェアしていただけると、漫画家としては本当に嬉しくありがたく、励みになっています。

道半ばの漫画家ではありますが、サミ太郎ともども、これからも面白ほっこり漫画を描いていくので、よろしくお願いいたします!

 

数十ページ漫画描いたら慣れてめちゃくちゃスピードアップできるやろ!ガハハ!って思ってたんですけど依然として効率悪いです。

だれか効率よく漫画かける方法教えて!特にネーム!

ふっくらタイ移住完結!今後の活動

冒頭で説明した通り、他のメディアでも連載が続いているので、そっちも頑張りつつ、新連載の打ち合せも進行中です❤︎

新連載が始まったらSNSで告知するので、ふっくらのツイッター、インスタグラム、facebookのフォローをお願いします😉

ふっくらボリサットのブログのSNSシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です