TSUTAYAのDVDを海外に持ち出すと何が起こるか

こんにちわ。タイ在住漫画家ふっくらボリサットの夫のサミ太郎です。

ふっくらがサイゾーウーマンさんで連載中の「ふっくらタイ移住マンガ」の15話が公開されました!

今回も、マンガには描かれてないリアルな話を、サミ太郎視点でお伝えしようと思います!

TSUTAYAのDVDをタイに持ってっちゃった話

マンガにも書いてある通り、起業のために渡タイする前日、僕とふっくらはTSUTAYAから借りてきた「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を部屋で鑑賞してたんですよ。パソコンからプロジェクターで投影して。

で、そのDVDをパソコンから取り出すのをすっかり忘れてスーツケースに入れたまんま出国しちゃったんだ。

気付いたのはタイに着いてから。

タイのカオサンという安宿街のホテルの一室で「よーし、さっそく営業メールを書いて初受注をキメるぜ〜」と意気込みつつMacを立ち上げたらDVDプレーヤーが勝手に起動して「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が唐突に始まった時の僕の狼狽は筆舌に尽くしがたい。ほんと、何が起きたのかと思った。
バック・トゥ・ザ・フューチャーがゴー・トゥ・タイランドで、バック・トゥ・ジャパンする頃には延滞金が1万ジゴワットを超えてる。営業メールよりサミ太郎が書くべきはTSUTAYAへの謝罪メールである。

TSUTAYAの神対応

ふっくらがTSUTAYAに速攻で電話してくれました。そしたらなんと、「事情が事情なので、大丈夫ですよ」ということで延滞料金はゼロ!情状酌量にもほどがある!御仏か!すぐに日本に送り返しました。
というわけでTSUTAYAのDVDを国外に持ち出すとどうなるかというと、「なんとかなる」です。みなさんもそんなトラブルがあったら落ち着いてTSUTAYAに電話しましょう。(まずないと思うけど)

そんな感じでタイ起業がスタート

というわけで前回のブログでも書いた通り、中国トランジットで思わぬトラブルにも見舞われたし、日本からはTSUTAYAのDVDを持ってきてしまうしで、てんやわんやでタイ起業がスタートしました。

ふっくらタイ移住マンガ14話の裏話 byサミ太郎

2018.12.02

今後もサミ太郎の面白タイ起業話が続くので、続編お楽しみに!

 

ふっくらボリサットのブログのSNSシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です