ふっくらタイ移住マンガ14話の裏話 byサミ太郎

こんにちわ。漫画家ふっくらボリサットの夫のサミ太郎です。最近サミ太郎としてtwitter始めました!

さてふっくらがサイゾーウーマンさんで連載中の漫画、「ふっくらタイ移住マンガ」の14話が公開されました!まだ読んでないという方、サミ太郎がタイ起業の準備をしてる実話エピソードが楽しめるのでぜひ読んでみてください!

ふっくらのロフト部屋の梯子から落っこちた話

タイから日本へ起業の準備で一時帰国して、ふっくらの家で一緒に暮らしてたんですが、ふとした拍子に手を離してしまって、下にあったガラステーブルにケツから激突・粉砕するという落下事故を起こしました。

ふっくらボリサットの漫画

ガラステーブルに落下したサミ太郎

僕は散らばったガラスの破片でディズニーのアトラクションみたいにキラキラになった部屋を見て一瞬呆然したのち、「何やってんだぁ俺ー!!?」と激しい自責の念に襲われ悶絶しました。「これから会社興そうと思ってる人間がロフトから落っこちるとかどうなの」みたいな。(今考えると全く関係ないんだけど笑)

なおこのガラステーブルは僕が学生時代から使っててふっくらに譲った物で、思い出いっぱいのテーブルでした。それが持ち主の空襲によって木っ端微塵に。R.I.P。

会社のロゴを自分で作った

美大卒でデザインはできるので、自分の会社のロゴを自分で作りました。
起業して5年目になるんだけど、今でもそのロゴを使っててめっちゃ愛着あります。

サミ太郎のロゴ制作

日本を旅立つ前夜に観たバック・トゥ・ザ・フューチャー

タイに旅立つ前夜に僕が大好きなバック・トゥ・ザ・フューチャーを見ました。たぶん第一作だったと思う。
なんでバック・トゥ・ザ・フューチャーだったかというと、ふっくらが「観たことない」って言うから。ふっくらはちょい昔の大ヒット映画をあんまり観てなくて、「スターウォーズ」でさえ観たことなかったという。

速攻TSUTAYAで借りてきました→でもこれが、のちに思わぬトラブルになる

羽田へ

ふっくらと海外遠距離恋愛になっちゃうのは寂しかったけど、羽田のゲートへ向かう時の高揚感は今でも覚えてる。
冒険が始まるぜ〜!

タイへ旅立つサミ太郎

漫画には描かれてない超危険なトランジット

タイのスワンナプームに着いたサミ太郎

可能な限り経費を抑えるために中国経由のトランジットでタイに向かったんだけど、着いた中国で大変な目に。

まず上海浦東国際空港に着いて、次の便のゲートを探すために空港スタッフにチケットを見せたら、「次の便はこの空港じゃないです」って言われました。なんと上海にあるもう一つの空港から飛ぶのだという…!!

そんなトランジットあるのか!?」ってめっちゃ焦りました。え、それって成田に着いて羽田に乗り換えるようなイメージ?アクロバティック!というか人民元なんて1元も持ってないし、荷物は会社で使うパソコンと機材を一式持ってて総重量60kgくらいあるし、ネットも使えなくて空港がどこにあるのか分からんし、そもそも次の便が出るまで時間がない!「あのチケット、だからあんな安かったのか〜!」と心の中で叫びつつ、岩みたいに重い機材を背負ってタクシー代だけ両替してタクシーに乗り込み地図アプリは使えないからさっき空港スタッフから聞いた中国語の空港の名前をカタコトで伝えて急発進。なんとか間に合ってタイの玄関スワンナプームに到着!

ふ〜今文章で書いてても手汗がヤバい。人生で最も焦ったフライトがタイ起業フライトです。あれ以来、基本直行便にしてます。トラブル起きる確率が上がるので。

以上、ふっくらタイ移住マンガ14話の裏話でした!次回はサミ太郎がタイで具体的に起業に向けて動き出す回です。お楽しみに!

タイで起業して5年目のサミ太郎がタイでのビジネスとか動画について呟くので、良かったらtwitterをフォローしてね!

ふっくらボリサットのtwitterはこちら

ふっくらボリサットのブログのSNSシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です