Youtubeで聞いた自声が気持ち悪くてボイストレーニング行ったら革命起きた

タイでボイストレーニング

こんにちわ!タイ在住・プロ夫婦漫画家のふっくらボリサットです。地声に悩むアラサー女子です。

動画で撮った自分の声が気持ち悪いと思った話

この前、YouTube用の動画撮影の時、自分の声を聞いたらものすごく違和感があったんですよ…「私、こんな変な声してたの?嫌すぎる!」って。

みんなも思ったことない?”記録された自分の声、めっちゃ違和感ある!”みたいな。

なのでボイストレーニングいって地声を変えようと思った

ふっくらボリサットはこれから動画配信も本格的にやりたい!と思ってるので、思い切ってボイストレーニングの体験レッスンに行ってみることにしました!

そもそもボイストレーニングとは、

ボイストレーニング(和製: Voice+training)とは、「声楽家・俳優など、発声が重要なポイントになる職業の人が行う声のトレーニング方法」を指す和製英語である[1]発声練習(はっせいれんしゅう)とも呼ばれることがある。

Wikipediaより

だそうです。

バンコクのボイストレーニング教室に行ってみた

バンコクにはボイストレーニングの教室がいくつかあって、どれも人気です。今回はジャズシンガーのMimiさんのボイストレーニング「Top of Voice」に行ってみました。

(ちなみにこの記事は宣伝ではないぞよ)

MIMIさんのブログはこちら

遅刻した

わたくしふっくら、遅くまで漫画を描いていて朝寝坊の末、大遅刻をかましたものの、Mimiさんは快く教室に迎え入れてくれました。

他の生徒さんはもう来てて、カリキュラムが始まっていました。
申し訳ねえ〜〜

なんでボイトレ(ボイストレーニング)をやってみようって思ったんですか?」という質問に各自答える時間があったので、私は胸を張って、

「YouTubeで動画をアップしたんですが、自分の声が気持ち悪すぎて嫌だったので綺麗な声を出したいと思いました」とストレートに答えました笑

そのYoutubeっていうのはこれね↓

ボイストレーニング開始

まず、普通の人がどうやって声を出しているかの説明をしてもらいました。

腹式呼吸を使うと良い声が出る

普通の人は胸式呼吸といって、胸に息をためてそこから声を出しているそうです。そうすると口先の声になるから、甲高い声や裏返った声になってしまいがち。とのこと。

先生曰く、「ガヤガヤした居酒屋で甲高い声で店員を呼ぶ人がいますが、あれは胸式呼吸の声なので、ますます店員には聞こえづらいです」だそうです。

対して、よく通る声は腹から出るんだって。つまり腹式呼吸がコツ!
腹に息を溜めて声を出すように言われました。

ボイトレ前の自分の声を聞いてみてどう思いますか?とコメントを求められました。

ふっくら「キモい〜!早口でオタクっぽい〜!!イヤ〜〜!」
MIMI先生「辛辣!いいところは?」
ふっくら「え!無いです!」
MIMI先生「wwww 丸くて優しい声ですよ!」
と言って頂けて、この時点で自己肯定感が超あがったわよ
(まだボイトレしてないのに)

 

教わった方法で声を出してみた

肩を回したりなどのストレッチや様々な発声練習の後、腹に息をためて喉を開いて声を出すようなイメージで発声したら…確かにいい感じの声が出た!なんかこう、響くような声が。

よく通る声=よく反響する声だそうで、腹式呼吸で遠くまで声を響かせることができるようになる!

ボイトレ前とボイトレ後のビフォーアフターをアップしてみた

というわけでボイストレーニング前の声とトレーニング後の声の地獄のビフォーアフターをアップしてみたので是非聞いてみてください!
すんごい恥ずかしいんですけど!

ボイトレ前の声

ボイトレ後の声

 

どう?

結構違うでしょ?

私は声帯に革命起きたと思ったよ!夫のサミ太郎はこの声聞いて「トレーニング後の声は選挙カーから聞こえてくる女性スタッフの声みたい」と言ってました。

褒め言葉と受け取っておきます。

ちなみに、これまでの人生でずーっと自己流の声の出し方をしてたわけなので、
一回レッスンを受けたぐらいだと3日くらいで元の声に戻ってしまうようです。

無意識にちゃんとした発声ができるようになるには継続してレッスンを受けるべきみたいですね、やっぱり。

毎日使う道具「声」をアップデートする意味

ボイストレーニングが特におすすめなのは、経営者ファイナンシャルプランナー、営業職、もちろんナレーターとかYoutuberなど、何か人に「アピールする機会がある」という人!

なぜかというと、人の印象の33%は聴覚で決まるって研究結果があるんだって。(先生からもらった資料に書いてあった)

なので声をアップデートすることで、心象がよくなったり、プレゼンにも説得力がつくよねって話です。

ちなみに、55%は見た目で決まるらしいので、そっちもアップデートしたいですな…!

今回、自分の声にショック受けてからの行動が早くて自分偉かった

ショック受けた翌日にTwitterでMIMIさんに連絡とってました。

何いってんだ?と思われるかもしれないが、自己肯定感低すぎマンって
「うわ〜〜〜自分の声ダメだわ〜〜」とショック受けても
「このダメ声を受け入れていかなければ…この声を背負って生きていくしかないぜ…」
と、自分のコンプレックスに抵抗できなかったりすることないですか?
私だけ?

1年近く筋トレして体型がだいぶ変わり自信ついたせいか、
「ああっ、気づいてなかったけどわたし自分のここ好きになれないわ!」と
思ったらすぐ「専門家に相談して正しく努力すれば改善できると思う!」という
思考になってました。
いい変化だと思う…!

 

というわけで、ふっくらの声帯に革命が起きたので、次回の動画をお楽しみに!

今回ボイトレを教えてくれたMIMIさん
Twitter
ブログ

ふっくらボリサットのブログのSNSシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です