洋書を読むメリット

045-洋書を読むメリット

こんにちはふっくらボリサットです。
洋書読み始めました〜。
本を選ぶ時・読むときは
・簡単そうな本を選ぶ
・おもしろそう・自分が興味持てそうな本を選ぶ
・わからない単語があってもいちいち調べない(読むのを中断しすぎない)
・つまんなかったら読むのをやめてよい

この辺を意識しています。
単語は、
読んでる最中に知らない単語に出会った時、
気が向いたら調べる、気が向かなかったら調べない、
という適当さです。楽しめたら良いんじゃないかな?
(でも語彙力強化したい気持ちもすごくあるのでジレンマ…)
漫画に描いた『The House of Paper』、
初めての洋書がこれで良かったなーと思いました。
単語のレベルでいったら身の丈に合ってなかったけどね!
理由は
・文字サイズが大きいので、ページを開いて「ウッ読むのしんどい」と思わない
(↑超大事。内容の難易度があってるかどうかより大事なんじゃないかとすら思う)
・知らない単語がいっぱいあるけどノリに慣れれば読める
・内容がおもしろい(短編だけど大人向けの内容だからね、子供向けにナメてるような展開は無いです)
ちなみに「登場人物がド変態で気持ち悪い」について
本オタクが本を愛しすぎて度を越してるところが最高に気持ち悪くておもしろいです。
例えば…
「古い希少本に書き込みしながら読むのやめろ」と言う友人に対して
「俺は本とf○○kしてるんだ、書き込みしないとオーガズムに達しない」
とか、
「ウワーーーー何言ってんだこいつwwwwwww」
ゾワゾワしながら楽しめました。
あと、「人(夫)にうらやましがられる」
これが私にとってはとても重要でした。
後ろ向きかしら?
でもモチベーションにものすごく影響しますよ!
今まで私が英語を勉強してるのを見ても「えらいなー」「すごいなー」「がんばれー」だった夫が、
洋書を夢中で読む私を見て初めて「ずるい!」「いいな!」と言いました。
夫は読書大好きなので「読める本の母数を大幅に増やしよった」ことがずるいと思うそうです。
「頭良さそうに見える」って言われたのもポイント高いですわ〜(←この発言が頭悪そう)
調子に乗って勉強して本当に頭よくなりたいですね!
以下メモ的に、今まで読んだ本。

happy mania 英語版
舞台が日本なので&漫画なので、なんも難しいこと考えずに
ゲラゲラ笑って読めます。重田さん頑張れ。

house of paper
上述の通り。

the president’s murderer
オックスフォードが出してるラダーシリーズみたいなのの一冊。
薄くて超簡単、ただし内容はハードボイルド。おもしろい。
分からない単語ひとつもなかった。挿絵が劇画調でめっちゃ怖い。
murderer.jpg 
ほらめっちゃ怖い!!
  
MR.UPPITY
MR.JELLY
MR.NOBODY
イギリス版「こんなこいるかな」(同年代以上の人は知ってるはず…)みたいな絵本。
絵がとにかくすごくかわいい。
jelly.jpg ほらかわいい!
意外と分からない単語がチョイチョイあった…。
でも多分ネイティブの子供は当然のように使うんだろうな〜。
オススメ。

NANCY’S MYSTERIOUS LETTER
今読み途中。まだ十数ページしか読んでないけど超おもしろい。
戦前から出版され続けてる超ロングセラー児童文学だそうです。
「少女探偵ナンシー」のタイトルで日本語版も出てるようです。
こんな感じ…
CVDwbD-UAAEW7S1.jpg 
全然絵が違う!!笑
洋書はだいたいバンコクの古本屋さんで買ってます。
dasa books という…名前と違って全然ダサくない、むしろオシャレなお店ですよ😃
カフェがあって長居できるようなので、今度ゆっくりしてこようと思ってます
CVido6YVEAEiuaW.jpg 
お店のサイト
今日はこんな感じで!
次は今週土曜に更新予定です。
『私がTOEIC900点とるまでにやった事まとめ』という、
めっちゃ長い(自分比)記事の前半です。
ブログ始める前まではどんな勉強をしてたのか、
500点台から740点に二ヶ月で上がった時の具体的な話とか、
頑張って書いたのでよろしくね〜
それではごきげんよう!
ふっくらボリサット

ふっくらボリサットのブログのSNSシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です