タイのGrab(グラブ)が最高に便利なメッセンジャーな件

バンコクで緊急に物を届ける時はGrabデリバリーが超便利

(今回はタイ滞在日本人向けの記事です!)

漫画家ふっくらボリサットの夫のサミ太郎です。皆さん「グラブデリバリー(Grab Delivery)」って知ってますか?

グラブデリバリーはタクシー配車サービスのグラブ(Grab)が提供してるオプションの一つです。要はスマホのアプリで「バイタクが予約できる」ってことなのですが、自分は乗らずに物だけ送ることができます。

これが超絶便利。荷物の追跡機能もあって、しかも格安だったのでレビューします。

★なお記事の最後に、Grabの料金がディスカウントされるクーポンコードも載せておきました!

バンコクは渋滞が多いので、バイク便が便利

個人でも仕事でも、◯◯へすぐに物を送りたい!って時ありませんか?そういう時、サミ太郎はスタッフに持たせるか、タクシーに乗って自分で届けてたんだけど、Grabデリバリーを使うと自分で行かなくても物を届けられるので時短になるよ!

今までGrabデリバリーを使ってマジでよかったと思ったケース

①トンローからエカマイBIG C付近までGrabデリバリーで書類を届けてもらった

通常、トンローからエカマイまではバイタクでもタクシーでも5分、往復10分くらい。Grabデリバリーは物を届けてそれで終わりなので、5分で配送完了でした。料金は50バーツ!

②トンローからプラカノンへ段ボール1箱分の荷物を届けてもらった

次は少し大きめの荷物(お仕事の納品物)。ダンボール一箱分の荷物を頼んだら、紐でバイクにくくりつけて持ってってくれました。トンローから発送→プラカノンのW-Districtに配送、というルートでしたが、10分で配送完了のお知らせが来ました。料金は68バーツ!

③トンローからドンムアン空港近くまで小物を届けてもらった

次は長距離のケースです。トンローからドンムアン空港近くまで小物を届けてもらいました。時間は30分、料金は240バーツ!
この前、タクシーに乗ってドンムアンに行ったらメーターで300バーツ+高速代70バーツで合計370バーツかかったので、やはり割安。物だけ運ぶならGrabデリバリーがベストアンサーかも。(もっと良い方法があったら教えてください!)

Grabデリバリーを利用するメリット

  • 片道ぶんの料金しか取られない。自分で行くより安い。
  • 荷物の現在位置がリアルタイムでわかる。(Grabアプリ使用)
  • Grabが運営しているサービスなので、カスタマーサポートがあり、普通のバイタクよりは信頼できる。
  • ダンボール2箱ぐらいまでは持って行ってくれる(ドライバーのバイクによる)
  • 荷物の重さが変わっても値段は変わらない

グラブデリバリーの予約手順

まずGrabのアプリを持ってない人はアプリをスマホにインストール

※記事の最後に、70バーツ(約250円)のディスカウントコードを貼っておいたので、ご活用ください〜。

発送元と発送先の場所を設定

グラブアプリを開いて「Delivery」を選択します。  グラブエクスプレスの使い方

オプションを切り替えて、GrabExpress(Car)からGrabExpress(Bike)にする

発送元の住所と発送先の住所を設定します。ここまではグラブタクシーを呼ぶ時の手順と同じです。

で、そのままの設定だと車での配送モードになってるので、下記の赤線のオプションを押してバイクモードにします。

グラブエクスプレスの使い方

GrabExpress(Bike)を選択する

グラブエクスプレスの使い方

予約すると発送元の場所まで来てくれるので、荷物を渡す。

予約が完了するとバイクが来てくれるので、荷物を渡します。この時、念のために預けた荷物の写真を撮っておきましょう。タイなので、何かあった時に証拠がないと…ね。

あと、発送先の相手の電話番号もドライバーに伝えておきましょう。土地鑑のないドライバーだとたどり着けないかもしれないので…ね。

発送した荷物の現在位置を確認

発送してしまえば、あとは荷物到着のお知らせがアプリに届くのを待つばかりなんですが、到着するまでは荷物が今どこにあるか、アプリで確認できます。この安心感半端ない。普通のバイタクだとこうはいかない。

使い方によってはピックアップも可能(かも)

Grabデリバリーは中継地点の設定もできるんですよ。つまり、A地点に行かせてそこで荷物をピックアップしてもらって、B地点に自分の居場所を設定して持ってきてもらえば、荷物を追跡しながらピックアップもできるはず。今度試してみますね。

以下は中継地点を設定してみた画面です。

グラブバイクの使い方とメリット

Grabデリバリーまとめ

バンコク市内で物をどこかに届けたい時、Grabデリバリーは便利だと思います。何より、自分が移動しなくてよいので時間ができるし、コスパ最高。みんなも、もし荷物を届けることがあったら試してみてね!

Grabの料金が割引になるクーポン

Grabをこれから初めて使う方は、下記のボタンから料金が割引になるクーポンを受け取れるのでぜひ活用してみてください。時期によって変動しますが、70バーツ(約250円)くらいディスカウントされます。

Grabの登録には携帯番号の登録が必要

Grabの登録時、携帯番号の登録が必要になり、SMSの認証コードを打ち込みます。そのため、日本からタイ旅行に来られる方はSMSが受け取れるよう、旅行前、日本でユーザー登録を済ませてください。タイ在住の方はタイの携帯会社と契約していると思うので、その携帯番号でOKです!

Grabのユーザー登録は、facebookのアカウントか、Googleアカウントを持っている人なら簡単に無料登録できます。

Grabの登録画面

上記ボタンを押すと登録画面に飛びます。日本の携帯番号で登録する人は、左上のグレイの四角から、「JP +81」を選んで、自分の携帯番号の一番最初の”0″を抜いて、打ち込んでください。090〜なら90〜となります。タイ在住の方は「TH +66」を選び、自分の携帯番号から頭の”0″を抜いて打ち込みます。
あとはローマ字で名前とメールアドレスを打ち込めばOKです。

オマケの話

以上、タイのGrabのお話でした。

オマケの話ですが、最近妻のふっくらボリサットがバンコクのパーソナルジムに通った結果、腹筋が割れ始めたり65kgのウェイトでスクワットできるようになったり、みるみる身体が変化してて面白いので、「タイでダイエットしたい」という方、以下の記事もぜひ読んでみてくださいー!

ボディークでダイエット始めて2ヶ月経った結果…(記事内に特典あります)

2018年2月27日
ふっくらボリサットのブログのSNSシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です