話題本「フリーランスで行こう!」のレビューと営業について!

フリーランスで行こう!書評レビュー

最近話題の本、「フリーランスで行こう!」を読んでみたので、漫画家視点でレビューしてみるよ!

「フリーランスで行こう!」の概要

少年時代からフリーランス的な働き方にあこがれ、14年前にイラストレーターとして独立した筆者の、
会社員から独立するまで、独立してからの仕事の取り方、お金や法律の問題、海外移住など、
その悲喜こもごもをあますことなくマンガで紹介しています。

Amazonから一部抜粋

まず内容以前に絵がすごい

この本は漫画ですが、作者の高田ゲンキさんの本職はイラストレーターなんですね。

漫画が始まって最初の見開きがいきなりこれ⬇︎で、控えめに言って度肝を抜かれましたね。
なんだこりゃ!すごい!

自分も最近コンスタントに漫画を量産するようになって改めて実感してるけど、
漫画描くのってとっても手間がかかるんですよ。特に背景!!
パースって何???美味しいの???

このつぶやきにご本人が返信をくれました。

この背景、クリスタ(っていうお絵かきソフト)で描いてるんだってさ〜〜〜〜

私も同じソフト使ってるはずなんですけど……
精進しまっす!!!

 

フリーランスは営業に力を入れてお仕事もらおう!って話に完全同意した

ゲンキさんがフリーランスになりたての時期、「まったく仕事が来ない!」って状況の中で、バーのマスターに「営業を本気でやってないんじゃない?」って言われてハッとするシーンがあるんですけど、これ本当にそうだなと思いました。

イラストレーターや漫画家に限らず、クリエイターって「営業力」が弱い(もしくは押しが弱い)人、多い気がするんですよ過去の私も含めて!「良い作品を地道につくっていれば、仕事はあとからついてくる」って思ってたりする人が多い。

もちろんそういうこともあるんだけど。

でも、やっぱり仕事がほしければ「仕事ください。私は◯◯とか◯◯描けます!」って手を上げるべきだと思うのね。

そういう営業マインドを大切にした方が収益が安定してむしろ作品に集中できるから!

フリーランスの営業の仕方

ゲンキさんもマスターに言われて素直に営業を本腰いれて始めるんだけど、その方法が面白かったです。

  1. 本屋に行く
  2. 自分のイラストの作風に合いそうな雑誌とか媒体をピックアップ
  3. 本の奥付(編集部の情報が記載されてるページ)の情報を携帯で自分のパソコンに送信
  4. 3でできた顧客リストに片っ端から電話&メール営業をかける

面白くない?特に2の段階で、やりたくない系の仕事をある程度ふるいにかけられそうで、それが賢いなぁ〜と思ったポイントです。これは駆け出し漫画家の私でも真似できそうだ!

営業先で天国と地獄を味わう話

ゲンキさんはアポをバンバン取って出版社の担当さんに直接営業していくんですが、一つ目の会社でポートフォリオを見せた時、
「イラストレーターやめた方がいいですよ」
「高田さん程度の絵はパソコンをそこそこ使えれば誰でも描けてしまう程度のもの」と
ズタボロに批判されてしまいます。
そして「本当のイラストが描けるようになったらまた来なさい!」とまで言われて、
ショックを受けたゲンキさんは「フリーランスになったのは間違いだったのかも…」と絶望の淵に!

でも二件目の出版社では「高田さんのようなイラストレーターをまさに求めていたんですよ!」と絶賛され、
その場で受注。
三件目でも「いいじゃないですか!」と褒められて受注。

…この話、学べるポイントがめっちゃあるなって思った!

ふっくらが思ったことは、
自分の作風に理解を示す人もいれば、そうでない人もいるので、「相性の良い会社や担当さんに出会うまで旅する」ことが大事だなと。

だって、1件目でズタボロにされて「イラストレーターとして本質的に自分はダメだ」と思って家に帰ってしまってたら、
今の高田ゲンキさんは存在しなかったかもしれないわけですよ。
だから絵の実力どうこうよりも、めげずに2件目に行ったことがマジリスペクト〜!と思ったよ。

漫画家ふっくらボリサットの営業の仕方

ちなみにふっくらは海外在住な事もあって出版社に直接漫画の原稿を持っていったことはなくて、
お仕事の話のきっかけは割とtwitterだったり、noteにアップした漫画を出版社の編集者さんが目にしてご連絡いただいたり、という感じです。

あ、バンコクのフリーペーパーDACOさんにイラストと漫画を乗っけてもらったきっかけは、
誌上でライター募集をしてたのに応募したからです。

View this post on Instagram

ただいま発酵中のDACO @daco_bkk 最新号「駐妻白書ふたたび」特集に、イラストをいっぱい描かせていただきました〜〜。 去年に引き続き2回目です ✌︎('ω'✌︎ )( ✌︎'ω')✌︎ . 何人か似顔絵も描かせていただきまして、「似てる」とご好評の声をいくつかいただいてて嬉しい〜〜ありがとうございます😊 . 4枚目は私のイラスト関係ないんですけど 「匿名なので旦那さんに言いたいことをぶちまけて!」というアンケートで 駐在ならでは・タイならではのコメントが並ぶなか、 「大きなくしゃみがうるさいです」と 一人だけ駐在もタイも関係ない不満をぶちまけてる方がいるのが面白くてツボに入りました笑 . #DACO #ダコ #バンコク #タイ #駐妻 #駐在妻 #表紙 #フリーペーパー #無料 #イラスト #漫画 #駐在 #illustration #cartoon #bangkok #thailand #freemagazine #ふっくら仕事 #バンコク生活 #バンコク暮らし #似顔絵

A post shared by ふっくらボリサット🇹🇭漫画連載3本 (@fukkuraborisat) on

あと、漫画のコンペに積極的に参加したりしました。
私の場合、note✕FROGGYさんのお金マンガ大賞に応募した「お金は人を変えてしまうのか」です。たとえ受賞しなかったとしてもtwitterとかSNSで発表すれば何かしらの反響が返ってくるし!
大丈夫大丈夫〜という軽い気持ちで挑戦しました。(おかげさまで賞をいただきましたが!)

いい感じの落書きをtwitterにアップしたり、「こんなことあったよ」とか漫画と関係ないツイートもバンバンしてます。

過去作品はどんどん再アップしてリサイクルしたり。
webはサイクルが早いのでどんどんアップしていかないとどんどん忘れ去られちゃうんですよね

web上のアウトプットももちろん大事だけど、
この本を読んで直接営業にすんごく興味が湧いています…!

一時帰国の時にタイミングを合わせて挑戦したいな!

 

東京から大阪→ベルリンに移住した話も共感した

その後、ゲンキさんは結婚して奥さんもイラストレーターとして二人三脚で頑張っていくんだけど、東日本大震災がきっかけで東京から大阪に移住するのね。その時、

住んでる場所が変わっても仕事は減らない!(むしろ大阪で受注して仕事が増えた)

と気づき、「だったら海外移住しちゃおう」と決心するんだけど、ここも分かりみが深かったポイント!

ふっくらもタイで起業した夫のサミ太郎と海外に5年ほど住んでるんだけど、漫画家も住んでる場所はあまり関係ないです。
むしろタイに住んでることを生かして「ふっくらタイ移住」っていうマンガをサイゾーウーマンさんで連載してます笑

本の中にも「フリーランス✕移動生活は最強かも」って台詞があって、私もそうかも〜って思いました。

漫画描くっていう作業は本当に楽しいし大好きなので、
これでもっとがっつり稼げるようにマネタイズ頑張りたいな〜〜

「フリーランスで行こう!」レビューまとめ

フリーランスや起業に興味のある人、特にクリエイティブ系の人に超おすすめだよ!

やっぱり成功事例を見ると「私もできるかも!」って思えるじゃない?
この根拠のない自信てプライスレスだと思うのね。
プライスレスなものがkindleで1280円。実質タダかよ

興味持った方は、下に貼ったリンクから購入してくれると超うれしい♡

【マンガ】フリーランスで行こう!  会社に頼らない、新しい「働き方」

【マンガ】フリーランスで行こう! 会社に頼らない、新しい「働き方」

高田ゲンキ
1,382円(12/12 16:38時点)
発売日: 2018/08/22
Amazonの情報を掲載しています
ふっくらボリサットのブログのSNSシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です