「プロ夫婦」を名乗ることにしたよ

ふっくらボリサットと、夫のサミ太郎は今後、「プロ夫婦」 を名乗ることにしました!

プロ奢ラレヤー、プロ無職と来て、「次はプロ夫婦かよ」と思うかもしれないけど、ちょっと聞いてくれ!

実際に俺たちは夫婦関係をより良くするために、“プロっぽい”ことを実践しているんだ! (夜の話ではない)

プロっぽい夫婦①毎週2時間、ガチ夫婦ミーティングを設けている

我々の夫婦ミーティングでは、その月に設定した小さな目標(プライベート、仕事)を達成できているか、何を実践できて何が変わったか、夫婦で1つのスプレッドシートに記録してPDCAを回してます

小さな目標でも達成できたらお互いを褒めることをしているッ(スタバで)

また、100歳くらいで死ぬと仮定して、スプレッドシートに100セル・100年分の生涯年表を作り、人生単位での長期目標や短期目標を書き込んで、進捗を確認。そして、「我々はいつか必ず死ぬ。だから今週もめいっぱい生きよう」とメメント・モリしてます。
(ちなみに人生年表の最後のセルには「ふっくらボリサットとサミ太郎は同じお墓に入る」と書かれている。)

プロっぽい夫婦②お互いのミッションステートメントをillustratorできちんと作って出力して額装してある

ミッションステートメントとは、コトバンクさんから引用させていただくと、

企業とその企業で働く従業員が、共有すべき価値観や行動に関する指針や方針のこと。「企業理念」「行動指針」「顧客に対する宣誓文」等がミッションステートメントに相当する。

です。普通は企業が作るものらしいんだけど、ふっくらとサミ太郎はお互いひとつずつ、ミッションステートメントを作って額に入れてあります。

それにはね、「お互い人生をかけて実現したいこと」とか、「こういう人間になりたい」というぶっちゃけた本心がずらっと書かれてます。この宣誓書は本人にとってはアンカーになるし、相手にとっては「取扱説明書」にもなります。

なぜなら相方の「一番大切にしたいもの」のリストが書かれてるから、「サポートしてあげると喜ぶポイント」とか「かけてあげるべき言葉」がなんとなく分かるのです。

プロっぽい夫婦③片方が忙しければ片方がサポートに入るような体制を整えている

夫婦Mtgでお互いの仕事の進捗状況を報告しあっているので、パートナーが忙しければ、担当案件をスイッチしたりします。

ふっくらはサミ太郎のことをよく知るプロ、サミ太郎はふっくらのことをよく知るプロでありたい…!

プロっぽい夫婦④自分磨きできそうな本をしこたま買って夫婦読書会を開催

自分達が成長できそうな本を読む時間を、節目である年末年始に一気読みしています。

そもそも、今まで説明した”プロっぽい”行動が始まったのは、この本がきっかけ!結果、夫婦間の信頼関係が深いものになった実感があります。というわけで毎年夫婦読書会を開催しているんだ!

ちなみに、この辺りのことはふっくらの漫画、「お金は人を変えてしまうのか」に登場するシーンなので、まだの人はぜひ読んでみてほしい〜!(Kindleで出版してます)

でね、こういう夫婦間のコミュニケーションを大事にしているせいか、最近、

ふっくらボリサットさん夫婦に憧れます

という声をたくさんいただくようになったんですよ!マジでありがてぇー!

プロ夫婦のノウハウをブログで公開していくぜ

さらにタイでシェアハウス「iSARA」を運営しているプログラマーのショーへー君に「プロ夫婦ってどうかな〜?」と相談したところ、
「いや全然プロ夫婦名乗れますよ。スプレッドシートで管理してる人、いないでしょw」って背中を押してもらったこともあり、

今後は夫婦関係をバージョンアップするために私達が実践したことを、このブログで面白くみんなに伝えていきます!

というわけで我々「プロ夫婦」を、これからもよろしくたのむー!

ふっくらボリサットのブログのSNSシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です