The Residence On Thonglor(ザ レジデンス オン トンロー)でステイケーションしてきた

ザ・レジデンス・オン・トンローのプール
サミ太郎
どうも。ふっくらボリサットの夫のサミ太郎です。ふっくらがステイケーション(ステイケーションというのは「ステイ」と「バケーション」を合わせた言葉。自分が住んでる近所のホテルに宿泊してバケーションを楽しむこと)しながら集中して漫画を書きたいと言うので、いい感じのホテルを探してみました
ふっくらボリサット
よろしくたのむ

The Residence on Thonglor(ザ・レジデンス・オン・トンロー)に宿泊してみた

agodaで宿を探しまくっていたら、トンローに1500バーツ台(5000円弱)で泊まれる良さげなホテル兼コンドミニアムを発見しました。名前はザ・レジデンス・オン・トンロー。まんまやね。1500バーツの割にはプールもジムもサウナもついてて、内装も綺麗!ちなみにモーニングビュッフェの朝食つき。

※agodaから写真拝借してます。

theresidenceonthonglor-room

ザ レジデンス オン トンローの客室こんな感じ

スタジオルームを予約していたのですが、なぜか1ベッドルームにアップグレードしてくれたー!(すいてたのかな?)
部屋に入ってみると予想以上にいい部屋!

作業に向いてそうなしっかりとした事務机が気に入った。

普通のホテルではあんまり見かけないちゃんとしたデスクがありました。これが一番ポイント高かった!
初日はサミ太郎が音楽制作をやり、二日目はふっくらが漫画の執筆をしました。景色がガーデンビュー(ホテル隣の屋敷のガーデンビュー)で開放感あって作業にぴったりな感じ。これよこれ!家作業のマンネリ感と全然違うぜ。ステイケーション万歳٩(๑´3`๑)۶

http://ザ・レジデンス・オン・トンローのデスク/

最上階にインフィニティプール

トンローの街並みを見下ろせるプールあり。サウナも併設されてたけど狭くて使わんかった。

ザ・レジデンス・オン・トンローのプール

プールのある最上階の別の部屋にジムもありました。バンコクのパーソナルジム・ボディークに通ってるふっくら的にはポイント高かったらしい。ていうかふっくら最近、筋トレにハマりすぎて「目指せセクシーメスゴリラッッ!」ってたびたび口走る。ヤバイ。

ルームサービスの軽食がプチプラかつ美味しかった

これ他のホテルだとあまりないと思うんですけど、ものすごくリーズナブルな軽食を頼むことができました。例えばボロネーゼのパスタが180バーツくらい。トンローってご飯が高くて、パスタ180バーツで食べれる店ってほぼないので「タイ独特の麺が柔らかいなんちゃってパスタが出てくるにちげえねぇ」って思ってましたが予想を裏切り普通にうまい!住んでる人うらやましいわコレ。。
そもそもレジデンス・オン・トンローは単身者向けの物件でそういうサービスが充実しているみたいです。

まとめ

  • バンコクでステイケーションをするのはとても新鮮。環境変えると作業への集中度が増す
  • agodaでバンコク市内のホテルを調べると、どう考えても割安な宿が結構ある
  • すぐ近くの街なのにいつもと違った景色になるので、気分を変えたいけど遠出するほどでもない時にステイケーションはすごく良いと思いました。
  • コンドミニアムでもあるので、タイに単身者向けの賃貸探してる人にもおすすめ。

The Residence On Thonglor(レジデンス・オン・トンロー)の詳細

マップ

宿泊費用

1700〜2100バーツくらい

レジデンス・オン・トンローでふっくらが執筆した漫画がCakesで連載されました!

ふっくらボリサットは現在、主に3つのメディアで漫画の連載を持たせていただいてます。
で今回ホテルで執筆した原稿はCakesで連載中の「芸人ですが、このたび人工肛門になりました」。です!
(ふっくらが人工肛門になったんじゃなくて、人工肛門手術を受けた芸人さんの体験談を漫画にした作品。ふっくらボリサットは作画を担当してます)

ここのページで連載中なので、ぜひ一度読んでやってくださいー!

ふっくらボリサットに投銭をお願いします!

いつもふっくらボリサットを応援していただき、ありがとうございます。漫画の創作活動を活発化させるため、画材と機材調達のための投銭を受け付けております!みんなが投銭してくれると、ふっくらはもっと面白い漫画をたくさん書くことができますので、「まあちょっと応援してやるか」と思ったらチャリーンと1発、銭を投げてやってください。
以下のボタンを押すとAmazonギフト券を贈るページに移動するので、”受取人”の欄に、fukkuratip◉gmail.com(贈る時は◉を@に変えてください)と書いて贈ってください。

やり方がよく分からない!という方は、記事の最後に手順の図を貼っておいたので、参考にしてください〜。

amazonギフト券による投銭の手順
ふっくらボリサットのブログのSNSシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です